かなめ趣味日記!

ただの素人が好き勝手に自分の趣味について語るコーナー

趣味について好き勝手に語るコーナー!!

前回は「blender」以外でボーンを付けられるソフトとして「xismo」というソフトを探してきました。
しばらく使っているのですが、とても使いやすいです。
「xismo」の使い方はYouTubeでソフトを作られた方が動画を作ってくださっているので、わからないところがあったらそれを見ながらやってます。


今回は、前から登場しているメタセコイアで作った「ガラクタくん」を「xismo」でボーンをつけていこうと思います。
「xismo」はそのままメタセコイアのファイルが読み込めるのが素晴らしいですね。

最初に作業環境の設定というほどでもないですが、ウインドウの説明をしておきます。画面上の赤丸の「ウインドウ」を押すといろいろ出てきて、便利なウインドウを増やすことができます。今回は「ボーン」を付けるので「ボーンウインドウ」をチェックすると下に出てきます。
xismo9
これでもいいんですが、少しボーンウインドウが中央にでてきて邪魔なので、左端の「ノード」の下に移動させました。移動させるには赤丸で囲っている「ボーンウインドウ」の左上の4つの丸を押してドラックしながら移動させます。そして下の写真のようにしました。このボーンウインドウの働きについては後で書きますが、他のウインドウもいろいろ動かせるのでやりやすい位置にするといいと思います。いらないウインドウは右のバツマークで消せます。
xismo8
では、まずはメタセコイアで作った「ガラクタくん」を開きます。
「ファイル」→「インポート」から「.mqo」で開きたいメタセコイアのファイルを開きます。
xismo10
すると「ガラクタくん」が出てきて、左の「ノード」のところに図形のデータが出てきます。メタセコイアでいうところのオブジェクトですね。でもどうやらメタセコイアで親子関係を持たせていたものは反映されない?のかバラバラですね。
なのでまずは親子関係を持たせて、それぞれに名前をつけたりします。(メタセコイアでオブジェクトに名前を付けていたらその名前になっているはずです。)
私の場合は、「胴体」、「右腕」、「左腕」、「右足」、「左足」、「頭」という感じにしました。
xismo12
こんな感じですね。親子関係にするには、親にドラッグ&ドロップすれば親の下に配属されます。
左の小さい三角矢印で展開したり縮めたりできますので、親子関係にするとスッキリします。
右の目のマークは表示を意味しており、メタセコイアと同じでクリックすると表示と非表示を変えれます。その右の鍵マークは編集不可を意味しています。


次回はボーンを追加していきます。

つづく

前回ごちゃごちゃ書いたんですが、要するにキャリブレーションができるモニターならだいたいなんでも良かったんです。

それでキャリブレーションだけなら、どのモニターでもキャリブレーションしてくれるセンサーが1、2万で売ってるんです。
まあそれでもいいんですが、せっかくなら最初から専用のキャリブレーションに対応しているモニターがいいなーと探していました。でも高いのなんの…安いのでも最低5万ですね…そこらへんの安いモニター5個買えちゃう…


というわけで中古探してたんですが、EIZO SX2262Wというモニターを見つけました。2010年に発売されたモニターですが、キャリブレーションできて、10億7374万色でなおかつ中古が安い!
VA方式だからIPS方式より視野角狭いかと心配したけど視野角172度あったので横から見ても大丈夫そうでした。


欠点は、接続がディスプレイポートで最近主流のHDMIはない(まあディスプレイポート〜HDMIのコードとかあるので問題ないとは思うんですけどね…)

応答速度が遅い、これはまあゲームは他のモニターでやってるので大丈夫です!

あと忘れてたけどモニターが分厚くて重い!思わず、「そういえば昔ブラウン管テレビ重かったなぁ」って思い出してしまった…
厚みは8センチほどで、もう一個私が持ってるASUSのモニターは4センチくらいなので倍です…
まあ分厚くてもどうせ下の台が大きいから関係ないといえば関係ない気がする。


このモニターのいいところは台が上下するところですね、20センチ?くらい上下できるからとても助かりました。


またごちゃごちゃ書きましたが、安いのでとてもおススメです。EIZOのモニター欲しいなーと思ったら選択肢の1つに入れてみてはどうでしょうか。
ちなみに中古で買うときは、EIZOのモニターは使用時間が画面表示できるのでそれを参考にした方がいいですよ。確か3万時間が寿命目安だとかなんとか…


追記
あと使ってて感じた欠点は発熱が結構あることですね。パソコンみたいに熱くなる…
私はモニターの上にデスクトップを置いているので(字だけ見ると謎ですけど棚に置いてるんです…)
デスクトップが下から熱くなるという…夏大変かも…
ほんとは…デスクトップを下に置きたいんですけどね、これがまた場所がないんです…




とうとうデスクトップを買ってしまった…
次は〜……
デレデレデレデレ、デデン!
モニターだー、いえーい
(酔って書いてます)


えーモニターも買いました
何とEIZO様でございます!

まあ新品は買えないので中古なんですけどね…


もともと写真撮るので、写真編集用にとは思っていたんです。
でも結構探しました…モニターなんてなんでもいいじゃないかと思うでしょう?(1年前の私です…)
実際モニター見に行くとメーカーによって色が結構違うんですよね、見にいったところは何枚か写真がスライドにして流してくれていたんですけど、明らかに他のモニターと悪い意味で違う奴があったり…でも逆にEIZO様だから特別おーこれはとは思わなかった。(見る目ないかも…)


ちなみにモニターの条件はキャリブレーションできることと表示色が多いこと解像度はFULLHDくらいが目安で探してました。

キャリブレーションっていうのは、さっき上で書いたんですけど、モニターによって同じ写真でも色が違うので、それをなるべく合わせるためにセンサーなどで調整することです。
例えば、頑張って写真とかキャラクターに色付けたのに他のモニターではちょっと違った色に見える。青みがかってたり、赤みがかってたり。それをなるべく阻止するためにキャリブレーションをします。

表示色は安いモニターだと1677万色が多いんですけど、高いモニターだと10億7374万色というのがあります。階調性とかグラデーションで違いが出てくるみたいですが、そんなに大きく違いは分かんないですね…

解像度は最近は4kとかありますけど、そこまで求めてなかったです。というか4Kモニターは高いので買えないです…


ちょっと長いので次回に続きます!




↑このページのトップヘ